【薬草学】アボカドの効能・魔術的な意味・歴史や神話|魔女学ハーブ辞典

魔女学ハーブ辞典で薬草学を学ぼう!

今回はアボカドの効能や魔術的な意味、そしてアボカドの歴史や神話などの雑学を紹介します。

アボカドの基本情報

アボカドの名称・呼称

学名Persea americana
和名ワニナシ(鰐梨)
通称アボカド

アボカドの効能・効果

  • 疲労回復作用
  • 抗酸化作用
  • 脂肪燃焼作用
  • 整腸作用

アボカドの処方

ビタミンやミネラルが豊富なアボカドは、美容と健康、ダイエットに関心のある人たちに大人気のスーパーフードです。

気鬱や睡眠障害、認知機能の改善にも効果があると言われています。

1日1/2個を目安に食事や飲み物として取り入れます。

髪の毛のケアには、アボカド、蜂蜜、ココナツオイルをブレンダーでスムースに混ぜ合わせたものでヘアパックします。

アボカドの魔術的意味

ジェンダー女性性
エレメント
スターサイン
プラネット金星
対応する神々
マジカルパワー愛、欲望、美

アボカドの魔術的な使い方

家庭に愛を呼び込むには、アボカドを種から育てます。

アボカドの種のチャームを身に付けたり持ち歩くことで、魅力が増します。

豊穣を祈って、満月の夜に庭や畑の四隅にアボカドの皮を埋めます。

攻撃的な感情を鎮めるには、新鮮な緑のアボカドをアルターエリア、またはベッドの横に置きます。アボカドが熟して黒くなったら、ゴミとして家の外に捨てます。

免責事項|魔女学ハーブ辞典で紹介している内容は、薬用効果や魔術の効果を確約するものではありません。実践される際は自己責任で行ってください。いかなる不利益が生じた際も、当方が責任を負うことはできません。

アボカドの歴史や神話

アボカドの原産国は、現在のメキシコにあるテワカンバレーだと言われています。

1万年も昔からメソアメリカの人々の食生活、神話、文化において重要な位置を占めていました。

元々はアフリカに広く生息、北アメリカを通過して中央アメリカに運ばれたのではないかと言われています。

アボカドの名前の由来は、古代アステカ語で生命の源(睾丸、または精巣)という意味を持つ「アフォカト」です。

古代アステカ文明やマヤ文明を含む、古代メソアメリカ文明で主食とされていた可能性があります。

スペイン人の侵略によって、15世紀ごろからアボカドの流通が広がりました。

17世紀の英語の名前は「アボカド・ペアー(梨)」でした。

ところがワニの皮のようなぼこぼこした見た目から「アリゲーターペアー」と誤解されて広まりました。

アメリカの生産者の努力によって、19世紀頃にようやくアボカドという名前に変更することが叶いました。

1833年以降、アボカドはカリフォルニア、フロリダ、ハワイなどアボカドの農場が存在する場所で人気を博しました。

けれどアボカドの媚薬としての悪評のため、1950年頃まではその他の州ではタブー視されていました。

この記事を書いた人
砂原さはらしずく

主にスピリチャル系とスローなライフの楽しみ方について執筆しています。好物はナスの天ぷら。好きなことは猫の肉球をふみふみすること。@wirotte の中の人