【薬草学】セージの効能・魔術的な意味・歴史や神話|魔女学ハーブ辞典

魔女学ハーブ辞典で薬草学を学ぼう!

今回はセージの効能や魔術的な意味、そしてセージの歴史や神話などの雑学を紹介します。

セージの基本情報

セージの名称・呼称

学名Salvia officinalis
和名ヤクヨウサルビア(薬用サルビア)
通称セージ

セージの効能・効果

  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 収れん作用
  • 制汗作用
  • 記憶力向上作用

セージの処方

喉の痛みの治癒には、セージティーでうがいをします。

糖尿病の治癒には毎日小さじ1~2杯のセージで淹れたセージティーを飲みます。

歯茎の晴や出血の治癒には、新鮮なセージの葉をよく噛みます。

セージの魔術的意味

ジェンダー男性性
エレメント
スターサイン 牡牛座、射手座、蟹座
プラネット木星
対応する神々ゼウス(ギリシャ)ユーピテル(ローマ)の天空神
マジカルパワー治癒、悲しみを手放す、知恵、浄化、長寿、祈願

セージの魔術的な使い方

セージは風の特性を生かした「散らす」魔法に向いています。滞った気を浄化したり、心の切りを晴らしたり。

大切な人との死別や、恋人との別離などの喪失の悲しみを緩和する魔術に使われます。

また、不要な気を散らすことで、知恵と幸運を呼び込んでくれます。

夢にが悪いときは、枕の下にセージを置いて眠ります。悪夢を見たときは、土に埋めて浄化します。

セージは健康や長寿祈願に使用します。

免責事項|魔女学ハーブ辞典で紹介している内容は、薬用効果や魔術の効果を確約するものではありません。実践される際は自己責任で行ってください。いかなる不利益が生じた際も、当方が責任を負うことはできません。

セージの歴史や雑学

セージは昔から長寿の薬草として知られてきました。

古代ローマ時代から、浄化や儀式以外にも、医療薬、食用として、大変重宝されてきたハーブです。

浄化の効果の高さで有名な「ホワイトセージ」は、乱獲によって一時は絶滅危惧種とされていました。今でも絶滅を懸念する声があるほどです。

そのため、食用としても一般的に流通している「コモンセージ」を、魔法の儀式に使うことを推奨します。

そもそも西洋の魔女が使用していたのはホワイトセージではありません。魔女を志す人がホワイトセージにこだわる必要はないのです。

古代ローマでは、セージは神聖にして実用的な薬草として大変重宝されていました。それは「庭にセージがある限り死人は出ない」と言われるほどでした。

10世紀ごろのアラブでは、医者がセージのハーブティーにハチミツを加えたものを、精神安定剤として処方していました。

中世ヨーロッパでは、肝臓の疾患、癲癇の改善や、解熱のためにセージのハーブティーが飲まれていました。

イギリスでは咳やのどの痛みの緩和のために、セージのハーブティーを飲んでいました。

けれど、セージはあらゆる病気に効果があるということで、健康のためにセージのハーブティーを飲む人も多くいました。

その他にも、口内の清潔を保つためや、集中力と記憶力を向上するためのブースターとして使用されていました。

魔術としては、セージを燃やした煙をつかった浄化の人気が高く、人、物、場、から、不要なエネルギーを開放するのに使われてきました。

中国では消化不良の改善や、精神の安定を欠いた人のバランスをとるのにセージを使用していました。

セージにまつわる迷信に興味深い話があります。

自宅の庭に、自分でセージを植えるのは不運を呼びます。誰か代わりに植えてくれる人(友人やガーデナー)を探しましょう。

ひとつのガーデンベッドやポットにセージしか植えないのも不運を呼びます。他の植物(コンパニオンプラント)と一緒に植えてあげましょう。

この記事を書いた人
甲羅干し

片田舎で魔女活してます。裏庭ジャングルをハーブガーデンにするべくDIY中。ボディメイクはじめました。目指すはシックスパック!