【恋愛コラム】恋愛トラブル対処法:国際恋愛中のあるあるネガティブ事情

恋愛トラブル対処法Writer: ゆぴー

国際恋愛中のあるあるネガティブ事情と恋愛トラブル対処法

国際恋愛をしている人は、遠距離恋愛になるので恋人となかなか会う機会がないものですよね。

日本人と外国人との文化や言葉の違いもあるので大変な事も多いと思います。

ですが、困難を乗り越えた恋愛の後はお互いに深い愛情や絆で結ばれる事でしょう。

今回は、国際恋愛中のあるあるネガティブ事情と、恋愛トラブル対処法などについてご紹介していきます。

国際恋愛中のあるあるネガティブ事情

国際恋愛あるある、寂しすぎてメンヘラになる

外国人とお付き合いしていると、お互い会う時はどちらかの国に行きデートをしないといけないのでお金と労力のどちらもかかります。

ですので、国際恋愛中の人はなかなか気軽に会えるという状況は少ないのではないでしょうか。

国際恋愛中の人の多くに共通したあるあるネガティブ事情もあります。

電話料金が高額になる

国際恋愛中は、会えない時間はメールや電話を使って愛を育んでいる方が多いです。

日本と海外の国では、時差もありますし通信料金も高いですよね。

なので、ちょっとした電話でも電話料金が高額になっちゃう事もあります。

LINEやSkypeなどのアプリは、それぞれ国の環境にもよりますが無料通話ができるので、よく電話する人は電話代がかからないようにアプリを使ったりメールのやり取りをするようにしましょう。

寂しすぎてメンヘラになる

国際恋愛中ですと、どうしてもお互い会いたい時に会えないので寂しくなったりストレスが溜まってしまいますよね。

特に、恋人と喧嘩しちゃった時は、会えないので相手の表情がわからなくてとても不安になります。

また、恋人が一人の時間をエンジョイしている事がわかると、私が居なくても大丈夫なんだと自虐的になりメンヘラになる人も多いです。

会えない時間が長い、国際恋愛だからこそ寂しくならないように、マメに連絡をとったりお互いに愛情表現をストレートに伝えて信頼関係を構築していきましょう。

記念日を一緒に過ごせない事が多い

日本と海外では、クリスマスやハロウィンなど季節的な記念日は一緒ですが、お正月や七夕など日本独自の記念になる日がありますよね。

海外の国では、日本の記念日やイベントは関係ない事も多いので「日本では大切な日だから日本に来て」と外国人の彼氏に伝えても理解されにくいです。

また、国際恋愛をしているとお互いの誕生日や、付き合った日の記念日などを一緒に祝えない事も多いので我慢しなければいけません。

でも、大切なのは記念日を一緒に過ごす事ではなくて、会えない時間も楽しんでお互いの愛や絆を深めていく事だと思います。

将来、結婚して一緒に暮らし始めたらカップル時代よりも記念日を、一緒に過ごせる時間は増えるのですから、あまり気にしない事が大切です。

食べ物の好みが違う

外国人と日本人のカップルが、別れる原因の一つに食べ物の好みが違う事が挙げられます。

彼氏彼女として、お付き合いをしているうちは、まだ我慢できますが結婚してしまうと一緒に食事をする事は毎日になります。

誰でも、子供の頃から食べ慣れた食べ物に愛着を感じてしまいますよね。

なので、相手の食文化を否定したり、相手の国の食べ物が美味しくないとストレートに伝えてはいけません。

国際恋愛を乗り切る為には、お互いに食べ物の好みを話し合って食べれる料理をチョイスしていきましょう。

この記事を書いた人
ゆぴー

福岡県在住の『ゆぴー』という男性です。2016年10月~個人でWordPressを使用し、複数のブログ運営をしています。雑記ブログで最高月間PVは40万PVほどです。SEOライティングを学んでいてGoogleに好まれる、執筆の仕方を心がけています。クラウドワークスでも活動をしていますので、ライター案件があればよろしくお願いします。ブログ:育児ブログ

Posted by wirotte editor