【もっと魔女学】 ハーブを使った魔法 08:ラベンダーの基礎学と3つのおまじない

魔女になる方法、ハーバルグリモア、ラベンダー

ラベンダーは古くから医療、魔術、家庭で多目的に使用されてきました。ラベンダーの香りを知らない人はいないくらいに有名なハーブです。

現代でも、アロマオイル・アロマキャンドル・サシェなど、ラベンダーの香りを身近に楽しんでいる人も多いことでしょう。

癒し効果の高いラベンダーの香りですが、蛾やナメクジなどの害虫を寄せ付けない防虫効果があります。

この防虫効果はペストの媒介となるノミも寄せ付けないことから、中世時代のヨーロッパで大変重宝されました。

ラベンダーの2大効果の「安眠」と「リラックス」は、薬用・魔術ともに重複する項目です。

ラベンダーの基本情報

歴史や雑学

古代エジプトでは、ラベンダーはミイラ作りの秘薬に必要なハーブのひとつでした。

1923年にツタンカーメン王の墓が開かれたとき、3000年のときを超えてなお、かすかなラベンダーの香りが残っていたと言われています。

この話は、ラベンダーの花言葉のひとつである「沈黙」の由来となりました。

ラベンダーの語源は「洗う」という意味のラテン語「lavare」だと言われています。

洗うという言葉がラベンダーの語源になった理由は、古代ローマ時代の風習にあります。

ローマの兵士は野生のラベンダーで衣類を洗い、ラベンダーで香りをつけた湯で体を洗っていました。

この風習は中世まで続き、洗濯を生業にする女性はラベンダーズと呼ばれていました。

実はこのラベンダーを使って洗うという風習は、聖書の時代にまでさかのぼることができます。

いわく、聖母マリアがキリストの産着をラベンダー水で洗った、信者がキリストの足をラベンダーの香りをつけたオイルで洗ったなど。

中世ヨーロッパでは、ミントと並んで抗菌作用のあるラベンダーが口臭予防に人気でした。

イギリスには1600年代にラベンダージャムとして紹介されました。当時のエリザベス女王は食卓に出されたこのジャムを大変気に入り、高く評価しのだそうです。

ラベンダーの効用

薬用効果

  • リラクゼーション効果
  • 鎮痛作用
  • 抗炎症作用
  • 殺菌作用
  • 抗鬱作用

魔術的効果

古代ローマ時代、ラベンダーは愛や情熱を引き寄せるために使用されましたが、別の文化においては「悪意を退ける」厄除けに使われました。

マジカル・キーワード

愛、平和、安眠、治癒、千里眼

ラベンダーの属性

マジカル・アトリビューション

スターサイン双子座、乙女座
プラネット水星
エレメント
対応する神々メルクリウス(ローマ)ヘルメス(ギリシャ) :商人や旅人の守護神
ヘカテー:死の女神、女魔術師の保護者、霊の先導者と呼ばれるギリシャの女神

3つの魔法(おまじない)

ラベンダーを使ったハーバルグリモア「心身の回復を促進するおまじない」「心のささくれを癒すおまじない」「雑念を払うおまじない」の3つの魔法を紹介します。

心身の回復を促進するラベンダーバス

怪我や病気で心がお疲れのとき、ラベンダーの癒しと回復の力で心を癒すおまじないです。

ラベンダーフラワーはハーブティーやポプリに使用するものを使います。

準備する物

  • ラベンダーフラワー
  • ラベンダーのアロマオイル:数滴
  • 白いキャンドル
  • ボウル
  • スプーン
  • 洗濯用メッシュバッグ

おまじないの手順

  1. お風呂の準備ができたら、キャンドルに火を灯します。
  2. ラベンダーフラワーとアロマオイルをボウルに移して混ぜ合わせながら呪文を唱えます。
    ラベンダーの精よ私の心と身体を癒しておくれ
  3. 混ぜ合わせたラベンダーをお湯に浮かべます。そのままお湯に浮かべるのが一番ですが、場合によってはメッシュバッグにラベンダーを入れてお湯に浮かべます。
  4. お湯に入ったら、ラベンダーの香りを吸い込むたびに、癒され、回復するところを想像します。
  5. お湯から上がったら、キャンドルを優しく吹き消します。

心のささくれを癒すおまじない

孤独を感じるけど、人とのコミュニケーションが億劫に感じられるとき。なんとなく周囲に対して批判的な気持ちになっているとき。もっと穏やかな気持ちで人に接することができたらいいのに。そう思ったときにぜひ試してみてください。

心のささくれを癒し、コミュニケーションに喜びを見出すことができるように手助けをしてくれる魔法です。

準備する物

  • 小さなボウル
  • ティースプーン
  • 好みのキャリーオイル(オリーブオイル・グレープシードオイルなど):スプーン大さじ2杯
  • ラベンダーのアロマオイル:数滴
  • ピンクのキャンドル

おまじないの手順

  1. 入浴、または白湯を飲んで身体を温めます。
  2. アロマオイルの蓋を開け、ラベンダーの香りをゆっくりと吸い込みながら深呼吸をします。
  3. キャンドルに火を灯します。
  4. キャンドルの炎を眺めながら、想像してください。他者への批判も激しい自己主張もない穏やかな空気。そこは暖かく、あなたの心も身体も守られています。呼吸をするたびに、ピンクの光があなたの中で満ちていきます。
  5. キャリアオイルをボウルに移します。
  6. アロマオイルを1滴ボウルに落とし、そっとオイルを混ぜ合わせます。そうやって数滴アロマオイルをキャリアオイルに足しながら混ぜ合わせます。
  7. オイルの準備ができたらボウルを両手に持ち、呪文を唱えます。
    至高の光 純粋な愛
    是もなく 否もない
    愛は注がれ 愛は廻る

    私は愛に連なる者
  8. 優しくマッサージするように、オイルを身体に塗ります。オイルを塗り終わったらしばらく横になって瞑想します。
  9. キャンドルの火を消します。

雑念を払うおまじない

雑念が邪魔して仕事や勉強がはかどらないときにお勧めの、頭をクリアにして集中力を上げてくれる魔法です。

準備する物

  • ラベンダーの生花:3本
  • 黄色いリボン、またはひも
  • 黄色いキャンドル

おまじないの手順

  1. 深呼吸をします。息を吸うときはラベンダーの香りとともにポジティブなエナジーを取り込みます。息を吐くときは雑念やネガティブな感情を吐き出します。
  2. キャンドルに火を灯します。
  3. ラベンダーをひとまとめにして、黄色いリボンでまとめたブーケを作ります。
  4. リボンを巻き付けながら、タスクを完了し、それが満足できるレベルであるところをイメージします。もし雑念が浮かんだ場合、ラベンダーの香りを吸い込み、息を吐くときにすべて吐き出します。
  5. ブーケができたら、リボンの結び目に黄色いキャンドルを垂らして封印します。
  6. ブーケを両手に持ち、呪文を唱えます。
    黄色い風 光のブーケ
    ラベンダーの力によって 雑念は払われた
    私の心は明瞭で 研ぎ澄まされている
  7. あなたがタスクをこなすデスクの傍に吊るすか、デスクの上に起きます。人通りが多く気になる場合は、引き出しにしまっても大丈夫です。
この記事を書いた人
cwen

トートタロットを愛用していますが、割と手近にあるものを即席占いツールにしてしまいます。以前はwiccaと名乗っていましたが、誤解が多く説明が面倒になったのでcwenに改めました。休暇の過ごし方→暖かい時期は公園で甲羅干し、寒い時期はカフェで巣ごもりしてます。