【スピリチュアル】気になる彼に話しかけるには?オーラにつられるスーツの色

スピリチュアル

気になる彼に話しかけるには?オーラにつられるスーツの色

情報のないお相手を気にかけているとき、ファーストインプレッションに全てをかけて挑んでいくとして、ヒントくらいほしいものですよね。

ここで、オーラが視えるわけではないし…と占い師に相談したいと考えているあなたに、

社会人で制服のない職業限定にはなってしまいますが、目で見えるお相手のスーツの色に注目してみませんか?

そもそもオーラの色って?

そもそもオーラの色って?

いまや、占いやスピリチュアル界でよく目にし、耳にする「オーラ」という言葉。

例えば、あなたのオーラは「赤」ですね、と言われても、「だから何なんですか?ラッキーカラーなんですか?」と思いますよね。

ザックリ言ってしまえば、その人から出ているエネルギーのタイプみたいなものです。

つまり、オーラが視えるとすると、人を見ただけで、ある程度のその人の性質のようなことが分かるわけです。

オーラは、ラッキーカラーとは少し違い、むしろご自分の持っている特性の色です。

自分がこうなりたい!という願望に合ったエネルギー色がラッキーカラーだと言えるでしょう。

オーラが視えない人はスピリチュアルの人に聞くしかないのでしょうか?

オーラが視えない人はスピリチュアルの人に聞くしかないのでしょうか?

そこで、私は皆さんにオーラを「推測」することをおすすめします。

スピリチュアル的に沢山の方のオーラを視てきて感じることは、だいたいの方が、「自分のオーラの色と気になる色が同じ」ということです。

単純に考えて、ピンクが好きだったら、ピンクのオーラを持ち合わせている可能性が高いと言うことです。

私は人にプレゼントをする場合、その方のオーラの色のものを選ぶのですが、気に入ってもらえる可能性が高いです。

自分はこの色が好きだけれど、自分にこの色を選んでくれる人が少ないから嬉しいと喜んでくれるため、確率的にも私なりには実証済みです。

スーツの色からオーラとお相手のヒントを見抜いてみましょう

スーツの色からオーラとお相手のヒントを見抜いてみましょう

先ほどの原理でいうと、男性が自分でスーツを選んでいる場合、黒、ネイビー、グレー、その他、という4択に分けられ、タイプのヒントになるわけです!

黒いスーツをを着ている

黒は誰でも選びやすい色なのですが、実は非常に自分を保護する効果のある色で、自分を隠せる色でもあります。

近寄り難いイメージがあるのも、お相手の保護心からではないかと思います。

また、喪服に選ばれるのも、海外でも共通ですし、ある種あの世とのボーダーの役目があるようにも思えます。

まず、いつも黒ならば、気軽に話しかけるよりは、一定の距離感を保った話しかけ方がよいでしょう。

少し守りに入っている気分の日や、他人に土足で立ち入られたくない女性も黒をまとうことが多いです。

ネイビーのスーツをを着ている

ネイビーは黒に青が混ざっており、青いスーツはNGでしょうが、青色系のオーラを持っている人が多いです。

分かりやすく青色系のオーラの方は職人気質です。

ガテン系というよりは、SEの方などに多く見られる専門的なものに没頭するお相手かと思われます。

お相手の専門分野に軽く触れた話だと、会話が続けやすいです。

グレーのスーツをを着ている

グレーは正装な黒に白という優しい色を出していますから、本来のオーラは明るめな色の方が多いはずです。

ネクタイなどを見れば何となく想像がつきやすいかもしれません。

こういうお相手には、変に構えずに、何か持ち物に「あ、それ珍しくないですか?」というような会話から始めてみるとキャッチボールが上手なのではないかと思います。

その他の色のスーツをを着ている

もはやスピリチュアルカウンセラーのカウンセラーの部分で考えて、オーラ云々よりも、個性的の一言ですよね。

ツッコミ待ち…?とも思われるお相手の場合は、ご自身が気に入ったスーツの日に、「あ!今日のスーツ好きです!」とダイレクトに伝えてしまいましょう。

人並みしれぬ拘りがあるのですから、嫌な気持ちにはなりませんよね。

まとめ

これらの方法を気になるお相手にすぐに試して失敗!というのは誰しもが恐れるところです。ですから、まずは初対面の方や、親しい人にも当てはめて分析してみてくださいね。

また、応用編として考えてみると、日によってスーツの色が違う方もいますよね?

ということは、話しかけやすい日も考えられるし、日によってお相手にかける一言が変わるわけです。

ちなみにオーラの色は大きく1色の場合が多いですが、その方の性質はひとつではないこともあります。

気分によって急激に人恋しい色だったり、その真逆だったりするものです。ヒントを掴んで、気になるお相手との会話に活かしていきましょう。

この記事を書いた人

自称、変幻自在なアーティストであり、小規模ながらもネイルサロンを10年以上経営する。人の期待に応えるべく、米粒大の寿司ネイルや、日本で唯一のアニメやゲームとライセンス契約を交わしたネイルデザインを作成している。最近では日本と台湾に半分ずつ滞在している日本人。ライター、スピリチュアル、アプリなど本業を聞くと全部だと答える。


Posted by wirotte editor