【スピリチュアル】新月の間の過ごし方。やりたいことと避けたいこと

新月はひとつのサイクルが完了して新しく生まれ変わるとき。物事が大きく変動したり、新しいことが始まったりしやすい時期です。

そのため、新しく何かを始めることや、積み上げて成長させることととても相性がいいです。逆に、制限をかけたり機会を手放すことには向いていません。

今回は、新月の間にやっておきたいこと、避けるべきことについて紹介します。

新月の間にしておきたいこと

目標を立てる

あなたにとって意味があって、やりがいのある目標を立てましょう。例えば、

  1. 試験に合格する。そのために毎日1時間は勉強する。
  2. ジーンズをサイズダウンする。毎朝30分のウォーキングをする。
  3. 彼ともっと仲良くなる。彼の好きなことを知る。話をよく聞く。自分のことも知ってもらう。気持ちを伝える。

新しいことを始める

今までやりたいと思っていたことや、ちょっと気になったこと、興味はなかったけど勧められてることなど。今までしたことがなかったことに挑戦してみるいい機会です。例えば

  • ヨガのクラスに参加する
  • 筋トレを始める
  • 仕事に応募する

初デートに誘う

新月は新しいことを始めるのに最適。それは恋愛に関しても言えることです。気になる人がいたら声をかけてみましょう。

告白してもいいし、それはまだ早いと感じるなら、相手が興味を持っていそうなところにお誘いして今後のためのきっかけを作りましょう。

恋愛したいお相手でなくても、お友達になりたい人がいるなら声をかけるいい機会です。

リストを作る

やりたいこと、欲しいもの、好きなこと。あなたのなかにあるあれやこれを書き出してリストアップしましょう。

やらなくちゃと思っても、つい目を背けがちなことと向き合うのにもいい機会です。

欲しい服があるなら、どこで手に入れて、いつ、どんなときに、どこに来ていくのか。どのバッグや靴と合わせるのがいいのか。

思いつく限り、できるだけ詳細に書き出してしまいましょう。

リストに詳細な情報を加えることで、本当に必要かどうかを自覚できるので、優先順位も決めやすくなります。そうすると、あなたの望みも叶えやすくなりますよ。

神聖な場所へと部屋を作り替える

普段からお部屋のメンテナンスを欠かさない人、ついつい散らかしてしまう人。人によって生活習慣は違いますが、新月は部屋の空気をリセットするのに最適な時期です。

不要なエネルギーを浄化して、部屋をあなたが癒されるのための心地よい空間へと改善しましょう。

浄化の基本は、掃除と整理整頓です。

物をあるべきところへ片付ける。本を本棚にきちんと並べる。クローゼットの中を使いやすく整理する。

このとき、あなたが思い描いた生活スタイルに合わせて調整するのがポイントです。

新しく何かを学び始めるなら、それにまつわるものが目に付くように配置したり、関連書籍を本棚の手に取りやすい位置に並べるなど。

そうすることで、あなたの願い事が叶いやすくなります。

空気の浄化にはアロマオイルやキャンドル、ハーブを使用する方法もいいですが、それが難しいなら、窓を開けて空気を入れ替えるだけでも効果があります。

風通しが悪い部屋の場合は、扇風機を窓に向けて風の流れを作るといいですよ。

新月の間は避けたいこと

交流の機会を断る

新月の間は、新しい人に会うのに最適な時期です。よほど嫌でない限り、積極的に交流の機会に参加するのがお勧めです。

普段人と交流するのが苦手だけど、本当は交流したいと思っている人は、新月を理由にしてしまいましょう。

1歩踏み出すことで得られることがあるかもしれませんよ?

新たな出会いに消極的になる

交流の機会を持つということは、新たな出会いがあるということ。

せっかくの出会いです。相手のことを知る努力と、相手に知ってもらう努力を惜しまないで、大切に育てましょう。

趣味が似ている人なら共感できる良い関係になるでしょうし、そうでなければ、今まで意識したことのなかった新たな世界を知るきっかけとなります。

とはいえ、会うとどっと疲れるようなお相手とまで仲良くしなくてもいいのです。

せっかくの新しい創造の力を、あなたから奪おうとするばかりの人たちに分け与える必要はないのです。

夢や挑戦をあきらめる

新月の力は創造のためのエネルギーです。そのため、何かをあきらめて手放したり、止めてしまうのには適した時期ではありません。

何かをやめたいと感じているなら、できるだけ決断は先送りにして、新しいことに挑戦することに気持ちを傾けたいときです。

けれど、心身に影響があるようなら止めてしまうのが正解です。

あくまで新月の間は始めることにエネルギーを使う方が効率がいいということなので、効率よりもあなたの優先順位を大切にしていいのです。

新月は生まれ変われるとき

普段月の動きに無頓着に生きている人も、そうでない人も、等しく月の影響を受けて生きています。

新月には、なんとなく不安を覚えたり緊張してしまう人もいます。それは1つのサイクルがおわり、新しく生まれ変わるときだからです。

月に1度しかない新月の時間。不安や緊張感を忘れるくらい有意義に過ごしてみませんか?

この記事を書いた人
砂原さはらしずく

主にスピリチャル系とスローなライフの楽しみ方について執筆しています。好物はナスの天ぷら。好きなことは猫の肉球をふみふみすること。@wirotte の中の人

スピリチュアルWriter: 砂原しずく

Posted by wirotte editor