【トートタロット】3 女帝の意味と解釈:愛と調和が豊穣に至る扉を開く

トートタロットの4枚目のカード、女帝「The Empress」についてその意味や解釈の仕方を紹介します。

女帝のカードは穏やかな愛と調和に満たされた世界を表します。これまでの行いがひとつの終りを迎え、更なる発展の時を迎えました。

創造物を理解すること、自身の望みを知ること。深い愛情をもってそれらと向き合うことで、次のステージへの扉が開かれます。

ときに情の深さが仇となって、判断力を曇らせることも。バランスを欠いた判断はいい結果には繋がりません。公平であることを心がけて。

トートタロット女帝
The Empress

トートタロット:女帝

トートタロットの意味と解釈|女帝

象徴と物語

カードの中央に描かれた女帝は、蜜蜂が刺繍された柔らかな桃色と新緑色の服を着て穏やかな様子で玉座に腰を掛けています。

まるで彼女自身が一輪の花のように美しくないですか?

女帝が象るのは豊穣の女神イシスです。

女司祭も同じくイシスを象っていますが、女司祭が処女性を表すのとは逆に、女帝は母性と多産を表します。

頭には女司祭と同じ月の王冠を戴いています。

女帝は愛と美の女神ヴィーナスでもあります。容姿だけではなく、知性や精神などの内面の美しさも持ち合わせています。

蔓を編んだような玉座は塩を含む水、羊水で出来ていています。玉座には終わりと始まりを表す三日月のオーナメントが飾られています。

その上にはヴィーナスに仕えるツバメと鳩がとまっています。ツバメは愛と幸福を、鳩は愛と平和を象徴します。

女帝は創造と受容を象徴する青い蓮を右手に持っています。そして左手はまるで赤ちゃんを抱いているかのようにゆるく曲げられています。

このポーズは錬金術における塩を表します。

錬金術において塩は、正反対の性質を持つ水銀と硫黄を結びつけるのに必要な元素だと言われています。

女司祭は水銀を、皇帝は硫黄をそれぞれ司りますので、女帝は彼らを結び付ける役割を持っているということですね。

足元には母性と自己犠牲を表すシンボルとして母乳を与えるペリカンが、その反対側には錬金術で銀を表す白い双頭の鷲の盾があります。

床には百合と魚が刺繍されたタペストリーが敷かれています。

そして、女帝の背後にはアーチ状の扉があります。これは女帝に与えられたヘブライ文字「ダレス=扉」を表すものです。

基本の意味

右よし、左よし。よっしゃ、出発進行!

女帝に振られた番号は3です。「自分」と「他者」との間に「結果」という第3の存在が現れることを表します。

こう書くとまるで妊娠を示唆しているようですね。カードの絵的にも、赤ちゃんをあやす練習をしているようにも見えますしね。

それも可能性としては十分あり得ます。

ですが、女帝は物質世界より高次元に位置するカードのため、もっとユニバーサルな可能性を秘めています。

例えば、

0愚者:商品のアイディアを得る
1魔術師:実現に向けてリサーチをする
2女司祭:協力者や出資者を得る
3女帝:準備が整い生産開始

とか、

0愚者:そろそろ結婚したいわ~
1魔術師:よし、婚活するべ
2女司祭:この人ええ感じやない?
3女帝:せやな~、婚約する?しちゃう?

という風に、女帝のカードを引くときは、次のフェーズに移行する準備ができたとき。

GOサインを教えてくれる素敵なカードなんですね。

もしかしたらそれはあなた自身の成長を表すかもしれません。

経験を積んで夢の実現に必要な資格を習得したり、精神的に一皮むけて大きな成長をしたり。その結果、夢に続く扉が開きます。

あるいは、今まさに成長を余儀なくされているのかもしれませんね。

目下大変で心が折れそう!って状態の人には朗報です。夜明けのときがきましたよ!

アドバイス

「愛」は免罪符にはなりません

女帝のカードの根底にあるのは愛です。愛するがゆえに理解しようと試み、受け入れ、明るい未来へと進むのです。

それはときに自己犠牲を伴うこともあります。

女帝のカードを引くときは、何かが完結して新たな進展があるときです。基本的にとてもポジティブなカードです。

けれど、どこまでも母属性の女帝です。他者の成功のためにこれまで献身してきた可能性もあります。

もしかしたらスポットライトが照らすのはあなたではないのかもしれません。

そこに喜びもあるのでしょう。

まるで子供の成長を見守る母親のように、スポットライトに照らしだされた笑顔が何よりのご褒美。

そう感じられることは素敵ですよね。けれど、あなた自身の幸福はどこにあるのでしょう。

はい。尽くし気味の人、アテンションプリーズ!

あなたの献身もあって、ひとつの区切りが付きました。今がいい機会です。自分自身にスポットライトを当てて、あなた自身の幸福について考えてみませんか?

また、過剰な愛はときに毒となります。あなたの献身が逆効果になっていませんか?

過干渉は子を歪めます。歪められた子はやがて母を恨むようになります。

あなたの考えや望みを押し付けていませんか?それはもはや愛とは呼べません。

愛とは理解して受け入れることです。相手の言葉に耳を傾け、本当に欲しているものを知ることが大切です。

今いちど、愛とは何ぞと自身に問いかけてみましょう。

サンプルリーディング

仕事

プロジェクトチームから外された、なんで?

企画当初から関わってきたプロジェクトチームから外されました。後任は後輩が引き継ぐことに。やっと軌道に乗ってきたところでのことです。これまでの苦労を思うともやもやします。

そんな質問への回答に「女帝」を引いた場合のサンプルリーディングです。


このカードからは、プロジェクトに対するあなたの情熱と献身が伺えます。これまでのあなたの献身と努力がようやく実を結び始めたのですね。

そしてプロジェクトが軌道に乗り始めたところでの引継ぎ。もやもやしてしまう気持ち、とてもよくわかります。

私なら「軌道に乗り始めた途端に私は用済みかい!」って言いたくなるかも。

でもね、そうじゃないんです。

軌道に乗り始めたのはプロジェクトだけではありません。あなた自身も準備が整って、躍進するときがきたんです。

女帝には「進展・発展」という意味があります。

ひとつは、プロジェクトがひとつの節目を迎え、次のフェーズに移行する準備が整ったことを表します。

あなたが手塩にかけて育んできたプロジェクトが、飛躍する時が来たのですね。その結果あなたの手から巣立つことに。さみしいですが仕方ありません。

そしてもうひとつ。これまでのあなたの行いが認められて、次のポジションや新しい企画のオファーの可能性を示唆しているんです。

どうですか?それらしい動きは感じられませんか?

更に女帝にはもう一つ大切な「扉」の役割があります。

後輩に経験を積ませるために、あなたには扉を開いて後輩の背を押す役割が与えられていたのです。

ポジティブな要素は全く感じられないわ!という場合、女帝のカードは「奸計を謀るべからず」というあなたへの警告になります。

後任となった後輩を敵としてロックオンしているなら要注意です。

それはあなたがこれまでに築いてきた信頼や評価に傷を付けてまで為すべきことですか?

女帝のカードは愛と幸福に満ちていますが、その美しい世界は自己犠牲と受容の精神によって守られています。

愛とは与えるばかりではなく、信じて見守ることも必要だと、喪失感とともに受け入れる強さが必要なときです。