【トートタロット】5 神官の意味と解釈:寛容の心で説き、素直な心で学ぶとき

トートタロットの6枚目のカード、神官「The Hierophant」についてその意味や解釈の仕方を紹介します。

神官が表すのは教え導く者の存在や、経験から得られる知識です。

目上の人の言葉には、素直な気持ちで耳を傾けましょう。あなたはすでに多くの知識を持っているかもしれませんが、経験者の言葉は必ずあなたの助けとなります。

もしあなたが教える立場の場合は、相手の立場を思いやる柔軟さが求められます。相手の状況によっては充実感を得られるかもしれませんが、徒労に終わる可能性もあります。

愛情と忍耐力をもって接するように心がけましょう。

トートタロット アテュ5 神官 The Hierophant
トートタロット 神官
The Hierophant

トートタロット:神官

トートタロットの意味と解釈|神官

象徴と物語

カードの中央には神官、子ども、金星を表す女神ビーナスが描かれています。女神はイシスの、神官はオシリスの、子どもはホルスのアイオーンをそれぞれ司ります。

神官が手に持つ笏杖の3つのリングもまたイシス、オシリス、ホルスのアイオーンを表します。

イシスからオシリス、オシリスからホルスへと移り変わる時代を表しています。

わくわくと弾む心のままに両手足を広げた子どもは、慕うように神官を見上げ、神官はそんな子供の様子を微笑まし気に見ているようです。

子どもは全身を使って五芒星を描き、カード全体には大きな六芒星が描かれています。これはそれぞれが小宇宙と大宇宙を表します。

神官の玉座は牡牛を象っていて、背もたれ、または2対の柱は牡牛と同じ性質を持つ象を象っています。

カードの四方には4つのエレメントを表す守護獣ケルビムが、マスクとして描かれています。これは経験を伴わない知識が虚無であることを表します。

背景の夜色は女神ヌイトの子宮を表します。

神官の後ろにあるのは出窓で9本の釘によって留められています。この9という数字は9番目のセフィラ、イェソド(月)を表します。

ということは、窓から見えるのはマルクト(王国)なのかもしれません。

その窓の縁には変容の蛇が、蛇の尾の下には愛の鳩がいます。

基本の意味

振り返れば黒歴史・・・あるある!にしないために

神官に振られた数字は5です。数字の5は能動を表す奇数なので、自ら行動を起こして外の世界に飛び出すエネルギーを持っています。

4を持つ皇帝は安定と繁栄を表しますが、その次のフェーズを担う5を持つ神官は独立や旅立ちを表すんですね。

このカードは独立への希望とともに、不安も孕んでいます。新しいことを始めたり、外の世界に飛び出すのですから、その不安は当然のものです。

胸に希望を抱いて飛び出したのはいいけれど、経験が足りない。やばい、どうしよう。誰か助けて~!

そんな状態でもノープロブレムです。神官のカードはアドバイザーの存在を示唆しますので、頼れる人に相談することで問題解決に繋がります。

つい反抗的な態度になってしまったり、素直に人の話が聞けない人は要注意です。ここがひとつの分岐点となりますので、心しましょう。

このカードを引いたときは、問題を解決できるチャンスと受け止めて、無垢な子供のように教えを請い耳を傾けましょう。

もしかしたらあなた自身が教える立場になる可能性もあります。

素直な人の手助けをするのは楽しいものですが、先述のような反抗的な人に教えるのは大変ですよね。

神官のカードが苦労だとか忍耐という意味を持たされているのはそういった事情からかもしれませんね。

神官はまた慈愛の人でもあります。慈しみの心無くして人を導くことはできません。ときに厳しいことを言わなくてはいけないかもしれませんが、それもすべて愛ゆえなのです。

アドバイス

頭でっかちは百害あって一利なし

このカードを引いたときは、教えを乞う立場でも導く立場でも、基本は「オープンマインド」&「オープンハート」が求められます。

人に相談しておいて態度の悪い人や、聞く気があるのかなと思う人に、慈しみの心を持って接するのは大変な労力を要します。むしろ苦痛でしかないですよね。

そんなふうに思われて損をするのは勿体ない話です。きちんと話を聞くのは相談した人の務めでもあります。教えを実行するか否かはあとで考えればいいことです。

百聞は一見に如かず。「それもう知ってる」とか「私はこう聞いた」とかは、いったん脇に置いて経験者の話を聞きましょう。

人に相談して、もし「どえらい時代錯誤な話を聞かされた」り「自分語りをされた」り「マウントをとりにこられた」らゲンナリしますよね。

でも、これらは意外とやりがちなことだったりします。成功体験を持つ人はその傾向が強いので自身の言動に注意しましょう。

反抗的な人なら話をぶった切ってくれますが、忍の一字で耐え忍んでくれたり、あまつさえ「すごいですね~!」なんて言ってくれる優しい人もいることでしょう。

人の相談を受けたらなら、自分だけがいい気分になって終わらないように気を付けましょう。

また、このカードは頑固さに定評のある牡牛座の影響を受けています。自分の信じる道を行くのは構いませんが、自分の価値観を押し付けてはいけません。

相談者にとって何が一番いいのかを考えましょう。

サンプルリーディング

恋愛

割り勘でデートしたい

付き合っている彼が大の車好きで、給料のほぼ全額を車に使ってしまいます。デートの時に車は出してくれますが、それ以外は私持ちです。たまには割り勘でデートしたいです。車にはお金を出せるのにと悲しくなります。

そんな質問への回答に「神官」を引いた場合のサンプルリーディングです。


それは悲しくなってしまいますね。彼は趣味にお金を使って、デート代は毎回あなた持ちというのは公平ではないですもの。

もしかしたら、彼はあなたを車に乗せてあげているから、それでデート代を相殺していると思っているのかもしれませんね。

カードから受ける印象では、いまのところ彼は現状を変えるつもりがなさそうです。悪気も何もなく、変える必要性を感じていないようです。

ですので、あなたが彼に何を言っても、うまくかわされるか、言いくるめられたり、不機嫌になってその場をしのいだりするだけです。

もしデート代をあなたが毎回負担するのはおかしいと言えば、彼からはお家デートでいいという返事が返ってきそうです。

その心は、出かけたいのはあなただから、あなたが費用を負担するのは当然という考えです。

さて、問題解決には信頼できる目上の人に相談するといいよとカードが言っています。

あなたの話を聞いてもらうだけなら、あなたの知り合いで構いません。ですが、もし間に入ってもらいたいなら、彼が慕っている目上の人に相談するのがいいでしょう。

ご家族、恩師、先輩、上司、など。思い当たる人はいませんか?

彼自身には悪気はありませんが、あなたを思いやる心が欠けているようです。そのあたりを汲んでくれる人を頼ってみましょう。