【夢占い】雨が降る夢でわかるあなたの失恋の行方

雨が降る夢でわかるあなたの失恋の行方

夢の中で降る雨は、あなたの心の中にある悲しみが涙となってあふれている状態を表しています。そのため、夢の中の雨には失恋の悲しみという意味があります。

失恋をしてから長い時間が経っていても、失恋の傷を引きずっているならば雨の降る夢としてその傷が表れることがあります。

夢の中での雨が止むまでの時間の長さは、失恋の悲しみが終わるまでの長さを示しています。

では、夢の中の雨がどのような雨だったかでわかる、あなたの心の傷が癒えるまでの道程の違いをご紹介します。

雨が降る夢

雨がすぐに止む夢は悲しみが癒える

にわか雨

雨がすぐに止む夢は、悲しみが癒えるときがすぐに来ることを意味している嬉しい夢です。

雨の勢いが強ければ強いほど深い悲しみを表しますが、すぐに止んだならば、失恋の傷はすぐ癒えるのだということを教えてくれています。

失恋の傷を引きずっている人には、思い切り泣いてさっぱりしてしまいましょうということを夢が伝えています。

どしゃ降りの雨

先が見えないほどのどしゃ降りの雨は、悲しみの傷がなかなか癒えないだろうことを暗示しています。

空が暗くて青空が見えないことは、明るい未来への希望が見えないこと。止まない雨は止まらない悲しみを意味します。

しかし、今はどんなに苦しくても、止まない雨はないということを忘れないでくださいというメッセージも雨は伝えています。

雨が降るのは当たり前のことなのです。1日雨が止まないこともあります。雨が降ることが当たり前なのと同じく、悲しいときには泣くことも当たり前なのです。

空は雨を降らせることを我慢したりなんてしません。雨は必要だから降る。涙も泣く必要があるから出るのです。

今、とめどない雨が止みそうになくても雨は止みます。失恋のとめどない涙も止まるときが来ます。そういう当たり前のこと、自然なことを雨の夢はあなたに伝えてくれています。

天気雨

雨が降っているのに空が晴れている夢は、驚くような嬉しいことがありそうだということを伝える夢です。

泣いているけれどもう目の前に青空が広がっているということは、もうあなたには失恋から立ち直れる希望が訪れているかもしれません。

雨宿り

雨が降ったら雨宿りをして雨が止むのを待つこともあります。

雨宿り先が見つからなかったり、雨宿りをしているのにずぶ濡れになってしまう場合は、頼りになる人がいないことを表します。

失恋の傷を引きずったままに新しい恋をはじめたけれど、失恋の傷を癒やしてくれるほどの恋ではないと感じているのかもしれません。

雨に濡れないように寄りかかることができるほどには心を開けずにいるのかもしれません。

雨宿りをする場所を見つけて安心して過ごせたならば、自分ではまだ気づいていなくても、もうあなたには頼りになる人が見つかっていることでしょう。

雨の夢の恵み

雨は恵みの雨として古くから豊かな恵みを与えてくれるものとして喜ばしいものとされています。

夢の中の雨もまた私たちの心に豊かさを与えてくれるものです。

悲しみを洗い流して心を豊かにしてくれます。悲しみがあるから喜びがある。雨の日があるから晴れの日が嬉しいのです。

苦しい失恋も、私たちを成長させるための糧となってくれる日が来る。雨が降った後に虹がかかるように、悲しみのすべてはいつかは喜びに繋がるのです。

夢占いコラム

Posted by wirotte editor