【薬草学】ミントの効能・魔術的な意味・歴史や神話|魔女学ハーブ辞典

魔女学ハーブ辞典で薬草学を学ぼう!

今回はミントの効能や魔術的な意味、そしてミントの歴史や神話などの雑学を紹介します。

ミントは、スペアミントやぺパミントなどのハッカ属(Mentha)の総称です。

ミントの基本情報

ミントの名称・呼称

学名Mentha spp
和名ミント(女無天)
通称ガーデンミント

ミントの効能・効果

  • 消化促進作用
  • 血行促進作用
  • 整腸作用
  • 抗菌作用

ミントの処方

胃のムカつきや嘔吐感の緩和には、ミントティーを飲みます。

ただし、人によっては症状が悪化する場合もありますので、空腹時にミントティーを飲むのは控え、代わりに香りを嗅ぎます。

ミントの香りは、鼻詰まりの解消に役立ちます。

筋肉痛の緩和には、キャリアオイルにミントの精油を混ぜてマッサージします。刺激が強いため、配合の分量には注意が必要です。

足の疲れの解消と消臭には、ミントの精油を垂らしたお湯で足湯します。

ミントの魔術的意味

ジェンダー男性性
エレメント
スターサイン
プラネット水星(金星)
対応する神々プルート(ローマ神話)、ハデス(ギリシャ神話)冥界を司る神
ヘカテー:死の女神、女魔術師の保護者、霊の先導者と呼ばれるギリシャの女神
マジカルパワー活力、欲望、金運、治癒、浄化

ミントの魔術的な使い方

古くから治癒薬として使用されてきましたが、サイキックや死者との交信の魔術にも適したハーブです。

病魔除けにはミントを編んだブレスレットを手首に巻きます。

魔術を行使する際に、アルターの上にミントを置くと、精霊が訪れて魔術の精度を上げてくれます。

悪霊退治には、ミント、マジョラム(オレガノ)、ローズマリーの小枝を浸した塩水を振りまきます。

金運の向上には、財布の札入れにミントを入れるか、ミントをこすりつけて香りを移します。

言霊の力を増幅するには、ミントティーを飲みます。

免責事項|魔女学ハーブ辞典で紹介している内容は、薬用効果や魔術の効果を確約するものではありません。実践される際は自己責任で行ってください。いかなる不利益が生じた際も、当方が責任を負うことはできません。

ミントの歴史や神話

ミントは世界中に広く分布し、料理や薬用共に日常的に愛用されてきました。

そのためハーブに興味を持たない人たちにとっても、ミントはなじみのある香りとして知られています。

ミントの語源となった、ギリシャ神話があります。

ある日、冥王ハデスがコーキュートス川のニンフ、メンテの美しさに魅了されました。

それを知ったハデスの妻ペルセポネーの嫉妬によって、メンテは雑草にその身を変えられてしまいました。

以来、その草はミントと呼ばれるようになったのです。

聖書にはミントがアニスやクミンと並んで非常に高価なハーブであったと記載されています。

古代ギリシャのアテネでは、身体のパーツによって様々なハーブの香りを使い分けていました。そしてミントは腕の香りづけに使用されるハーブとされていました。

14世紀に歯磨き粉の初期バージョンが開発されました。

17世紀の中頃、医師で天文学者のニコラス・カルペパーは、ミントが傷の回復の妨げになるため、負傷者には使用しないように勧告しています。

カルペパーは、40種類近い病気の治療にミントを使用しました。

この記事を書いた人
甲羅干し

片田舎で魔女活してます。裏庭ジャングルをハーブガーデンにするべくDIY中。ボディメイクはじめました。目指すはシックスパック!